アルバイト?それとも派遣?イベントナースの勤務形態について

アルバイト?それとも派遣?イベントナースの勤務形態について

看護師の仕事においては、従来とは違って多くの職種が増えてきたといってよいでしょう。看護師の職場選びにおいては自由度が広がってきています。そこで、病院勤務やクリニックで働く看護師の中には、他の職種への転職などを考えるという人も見られるようになっているとされています。

 

たとえば、看護師の職種にはイベントナースといった職種があります。この仕事は、看護師の中で人気のある仕事とされ、多くの看護師から関心がもたれるようになっているそうです。イベントには、さまざまなものがあり、イベントナースとして参加する看護師はコンサートやスポーツ大会などで看護業務を行なうことになります。

 

コンサートなどでは、たくさんの観客がいるため、急病患者が発生したり、スポーツ大会では、競技でけがをする人がいます。このようなイベントでは、患者が出ることがしばしばあります。また、夏場では熱射病で気分を悪くするといった人もよくみられるようになります。イベントナースは、適切な処置や急病人の搬送を判断する医療知識をもつものとして必要とされていることから、全国どこでも一定規模のイベントなどが行われるときに募集が行わるようです。

 

しかし、イベントナースの仕事は、地域などによってイベントやコンサートの開催が少ないところもあります。そのことから、地方を中心にイベントナースだけで生計を立てることは困難なことが多いため、この場合は、アルバイトでイベントナースを行なうことがよいとされています。

 

逆にイベントが多いと地域では、常にイベントナースのニーズがあることから、看護師としてイベントナースで生計を立てることもできるでしょう。この場合、単発の仕事を複数行うことになることから、求人を探すことが大変であるため、イベントナースを希望するときは、転職サイトなど登録して派遣業務で行なうといったほうがよいとされています。いずれにしてもイベントナースは、単発業務であるため、別なところで勤務しながら気分転換として活用する方が向いているとされています。

イベントナース求人.com